• 兵庫県臨床心理士会

日本学校メンタルヘルス学会 第50回セミナー 「学校メンタルヘルスのコロナ禍前と今、そしてこれから~家族・企業・学校の視点から~」

【研修会名】

 日本学校メンタルヘルス学会 第50回セミナー

 「学校メンタルヘルスのコロナ禍前と今、そしてこれから

  ~家族・企業・学校の視点から~」


【日程】

 2022年10月2日(日) 10:00~12:30


【会場】

 オンラインセミナー(Zoomウェビナー)


【参加費】

 学会員:1000円

 非学会員:3000円

 学生:1000円


【研修会内容】

 新型コロナウイルス感染症の流行から、早2年半が経ちました。

 その間、学校現場でのメンタルヘルス対応は変化をし続けており、当学会でも過去にセミナーでいくつもの実践を紹介してきました。

 今回は、家族療法にお詳しく、成増厚生病院で「なります子どものケアセンター」の長も勤めていらっしゃる森野百合子先生、また企業のメンタルヘルス支援の現場で活躍されている江口毅先生、そして学校を始めとした臨床現場の知見に深い小林正幸先生のお三方をお招きし、「家族」「企業」「学校」の3つの視点から、コロナ禍におけるこれまでの変化と現状、これからの展望についてのお話をじっくりとお聞きします。

 詳細は学会ホームページもご参照ください。

https://plaza.umin.ac.jp/jasmh/


【申込方法】

 下記URLより、必要事項をご入力し、次ページに表示される入金方法にて参加費をご入金ください。

https://forms.gle/hLdANanADSV3LkRWA


【締切日】

 2022年9月25日


【問い合わせ先】

jasmh.kikaku@gmail.com

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒