• 兵庫県臨床心理士会

近畿大阪メディカルオンラインセミナー

研修主催団体: 近畿大阪メディカル

【テーマ】気分が引き起こす問題と対処法〜子どもから大人までの理解と介入を学ぶ〜 【講演内容】

講演1:アンガーマネジメント〜自分の感情に責任を持つということ〜

講師:喜田智也(株式会社ポルトクオーレ代表取締役 臨床心理士・公認心理師 )

講演2: 子育てにおける感情コントロール / 働く人の適応障害

講師:大浦康孝(おおうらメンタルクリニック 精神科医)

【概要】気分をキーワードに公認心理師と精神科医のスペシャリストからそれぞれご講演いただきます。喜田先生にはアンガーマネジメントという視点で,大浦先生には子どもと大人の感情をめぐる臨床のアセスメントと関わりについて,それぞれの先生からは事例もまじえてお話し頂きます。皆様の臨床スキルの向上に本講座を是非ともご活用いただければ幸いです。

【日時】2022年6月12日(日)10時〜16時

【参加費】3,300円(税込)

【定員】90名程度

【会場】ZOOMオンライン視聴

【申込み方法】ホームページの申し込みフォームからお申し込み下さい。申し込みフォームへは下記リンクからアクセスできます。

【リンク】

https://www.kinki-osaka-medical.com/%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A%E7%A0%94%E4%BF%AE%E7%BF%92%E4%BC%9A

【問い合わせ】

近畿大阪メディカル Mail: kinkiosaka.medical@gmail.com

ホームページ:https://www.kinki-osaka-medical.com

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒