top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援

◆タイトル

はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援

◆内容

複雑性トラウマでは、トラウマの代表的な症状であるフラッシュバックの他に、感情調節困難、解離、身体化、対人関係の問題など多くの症状が生じます。これらの多彩な症状を理解し、支援を考える必要があります。

また、実際の臨床では、トラウマに焦点化した心理療法に導入が難しい場合もあります。そのため、トラウマ・インフォームド・ケアを中心とした本格的な治療への導入までに何をするべきかを学びます。

◆会場

オンライン

◆日時

ライブ視聴 2022年1月29日(土) 10時~16時(1時間休憩あり)

録画視聴  2022年1月30日(日)~ 2月28日(月)

◆申込み受付

ライブ視聴 2022年1月22日まで

録画視聴  2022年2月21日まで

◆受講料

ライブ視聴 10,000円(税込)

録画視聴  10,000円(税込)

◆講師

矢野宏之(EMDR専門カウンセリングルーム リソルサ)

◆対象

医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有識専門家および大学生・大学院生

◆臨床心理士ポイント

このセミナーは、ライブ視聴・録画視聴どちらで参加されても臨床心理士ポイント申請予定です

◆申込み

こちらのフォームよりお申込みください

https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2797

◆主催

京都CBTセンター

◆お問い合わせ先

kyoto@cbtcenter.jp京都CBTセンター事務局)

【チラシ】はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援
.pdf
Download PDF • 446KB

最新記事

すべて表示

基礎から学ぶウェクスラー式知能・発達検査(WAIS、WISC) ――WAIS-III⇒IV、WISCIV⇒Vの改良点も踏まえて―― 概要:ウェクスラー式基礎検査について,さわったことも見たこともない人から、今まさに 学んでいる最中の人を対象とし、大まかな開発の歴史、知能とは何か、測定しているもの、 因子構造などの背景も踏まえつつ解説します。近年の WAIS-III(ウェイス・スリー)から IV(フ

bottom of page