top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

エモーション・フォーカスト・セラピー(EFT)実践講座:「自己批判/未完了の体験」を扱うチェアワークを学ぶ

エモーション・フォーカスト・セラピー(EFT)実践講座:「自己批判/未完了の体験」を扱うチェアワークを学ぶ


2023年8月22日(火) 10:00〜2023年8月23日(水) 17:00

エモーション・フォーカスト・セラピー(Emotin-Focused Therapy: EFT)に興味がある心理臨床家の方に向けて、EFTの中心的な介入である「自己批判/未完了の体験」を扱うチェアワークの実践的ワークショップを開催いたします。


【内容】  

クライエントの感情にうまく働きかけられると、より効果的な変化が起こせることは,多くの心理臨床家が知っています。しかしクライエントの感情を適切に喚起する方法や、その体験や理解を促進する方法を学ぶ機会は少ないようです。

「クライエントの感情を適度に喚起できているか」「クライエントの感情を不必要にあおっていないか」「クライエントの感情は喚起できたが、それをうまく洞察や理解につなげて作業を完了できているだろうか」

こうした疑問を臨床家からよく耳にします。本講座では、まさにこれらの疑問に答える「効果的な感情への介入方法」を学びます。

エモーション・フォーカスト・セラピー(EFT)は、うつ、全般性不安障害、複雑性トラウマなどに対する効果が示されてきました。日本でも感情的傷つきへの有効性が効果研究で示されています。

EFTでは、クライエントの感情変容を効果的に促進するために「椅子を用いた技法(チェアワーク)」を発展させてきました。クライエントは空の椅子に自分自身、または重要な他者(家族など)が座っていることを想像して話しかけ、気持ちを表していきます。チェアワークは、面接中にクライエントが見せる言動(マーカー・指標)をセラピストが発見するところからスタートします。そして感情に対する防衛を扱い、感情に接近し、深め、しっかりと体験することで、問題となる感情を変容することを目的としています。

椅子を用いた技法は、目的によっていくつか異なる焦点や流れがあります。クライエントの感情プロセスを最適なかたちで促進するために、セラピストはどこで、何をしたらよいのか?本講座では、講義と臨床セッションのビデオ視聴と解説を通じて詳しく学んでいきます。

椅子を用いた技法は、ゲシュタルト療法ではじまりましたが、EFTではプロセス研究を通じて実証的に詳しく検討され、変容のステップが具体化されました。EFTの椅子の技法は、認知行動療法や精神力動療法にも取り入れられています。本講座は、エモーション・フォーカスト・セラピーについて知識がある方、感情を扱う心理療法に関心がある方、椅子を使った技法についてすでに関心をお持ちの方に最適です(逐次通訳つき)。


【日時】

1日目:2023年8月22日(火)10:00-17:00 「自己批判」を扱うチェアワークを学ぶ  

2日目:2023年8月23日(水)10:00-17:00 「未完了の体験」を扱う チェアワークを学ぶ 

※1日単位でご参加いただけます。


【会場】

お茶の水女子大学 国際交流留学生プラザ

〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩7分

東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より徒歩8分

都営バス「大塚2丁目」停留所下車徒歩1分


【講師・コーディネーター】

講師:ロンダ・ゴールドマン(Rhonda N. Goldman) 博士The Chicago School of Professional Psychology教授・ISEFT理事・認定EFTトレーナー2014年に『Case Formulation in Emotion-Focused Therapy: Co-Creating Clinical Maps for Change』を出版。EFTカップル療法の第一人者でもあり、EFT開発者のレスリー・グリーンバーグ博士との共著多数。

コーディネーター:岩壁 茂(立命館大学教授)EFT、AEDPなど感情を重視した統合的心理療法を専門に研究・実践を行う。これまでEFTに関する書籍の翻訳、日本への紹介を行ってきた。


【募集定員】

 各日60名まで


【参加条件】

臨床心理士(資格取得見込み含む)、公認心理師、認定カウンセラー、精神科医、心療内科医等、実際の心理臨床に携わっている専門家であること(その他ご不明な場合はお問合せ下さい)※臨床心理士の継続研修ポイント申請予定


【参加費】

1日のみ参加:20,000円/1日2日連続参加:36,000円/2日


【参加確定・キャンセルについて】

ご入金をもって参加確定とさせていただきます(申込受付メールは参加確定のご案内ではございませんので、ご注意ください)。ご入金後のキャンセルは基本的に不可とさせていただきます。


【新型コロナ感染状況等に伴う開催内容変更について】

新型コロナ感染拡大状況等によって開催内容の変更や研修キャンセルが発生する可能性がございます。主催者都合のキャンセルの場合は、参加費の払い戻しをいたします。

お申し込みはこちらから!


【事務局・お問合せ先】

iEFT Japan(エモーション・フォーカスト・セラピー研究所)事務局



最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page