top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

IPPOシンポジウム2023 「羨望の再考ークライン派と対人関係学派の対話」

IPPOシンポジウム2023 「羨望の再考ークライン派と対人関係学派の対話」 クラインの羨望概念は、様々なパーソナリティの病理、そして治療助教での「陰性治療反応」と言われる困難な状況を理解する鍵として、クライン派の精神分析の流れの中で理論的支柱としての位置づけを現代にいたるまで保ってきています。羨望概念は、その由来であるフロイトの死の欲動論と同じように、クライン派以外の多くの学派の分析家から批判されてきました。その中には、羨望概念に基づく分析臨床こそ羨望を惹起する性質を持つという指摘もあります。クライン派の内部においても、過度に羨望を強調するアプローチへの反省や批判は早くからなされている一方、早期のトラウマ経験の過小評価の問題も指摘されてきています。また、病理的組織化の議論においても、羨望よりも早期のトラウマや虐待の影響が強調されているように見えます。 羨望概念は、現代の分析臨床においても有用なものでありうるのか?あるとしたら、どのような点でそうなのか?あるいはそれは有用でない、もしくは限定的な価値しか持たないと理解されるのか?本シンポジウムは、このような問いについて、クライン派の視点と関係精神分析の視点から、今一度考えていくことを試みます。 日時:2023年12月17日(日)13:00~18:00 開催形態:全面オンライン開催(zoom) 【前半】シンポジウム「羨望概念を再考する」 シンポジスト:飛谷渉(大阪教育大学保健センター/IPPO理事) シンポジスト:吾妻壮(上智大学/IPPO理事)     司会:平井正三(御池心理療法センター/IPPO会長) 【後半】事例検討 事例提供者:飛谷渉    司会:平井正三 参加費:5000円 対象: 臨床心理士、公認心理師、医師、それに準ずる専門家、大学院生、研修生で守秘義務を厳守いただける方 申し込み方法:下記のGoogleフォームよりお申込みください。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe7CdME_ImP_kdbKVZ_6O1f_pZlRU8-TdaSLH9VSBZbocaUBw/viewform *臨床心理士研修ポイント(ワークショップ型)申請予定。 *詳細はチラシをご覧ください。




IPPOシンポジウム2023チラシ
.pdf
ダウンロード:PDF • 3.57MB

最新記事

すべて表示

現場で役立つSC養成セミナー2024 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー

研修主催団体: てだのふあカウンセリングルーム 研修内容: セミナータイトル:現場で役立つSC養成セミナー2024 第1回 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー 【日時】2024年8月25日(日) 【時間】10時~18時 うち休憩1時間30分(目安) ※開場は9時40分~となります。 【場所】大阪市北区浪花町14-33 OMビル 2F 会議室 ※最寄り駅:天神橋筋六丁目駅 10番出口をあ

自閉スペクトラム症~社会的コミュニケーションと対人関係の特性理解と支援~

研修主催団体: 一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド 研修内容: いつも大変お世話になっております。一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインドの研修担当の香川と申します。 このたび、当法人では、以下のセミナーを企画しました。宜しければご参加頂きたく、ご案内させて頂きます。 『自閉スペクトラム症~社会的コミュニケーションと対人関係の特性理解と支援~』 ・ 講師:安東大起(公認心

認知行動療法カウンセリングセンター認知行動療法実施者養成研修(第1期)

【セミナータイトル】 認知行動療法カウンセリングセンター認知行動療法実施者養成研修(第1期) 【内容】 ★ 認知行動療法カウンセリングセンターのスタッフも参加する「実施者養成研修」に無料で参加できます! ★ 約40時間の充実したカリキュラムです(座学10時間、実技トレーニング20時間、グループSV10時間) ★ 修了後、希望者は修了試験の実施が可能です 【こんな方におすすめです】 はじめて認知行動

Comentarios


bottom of page