top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第2回 ロールプレイで学ぶマイクロカウンセリング技法 ~基本的かかわり技法編~

心理職支援団体 MOSS(モス)主催

第2回 ロールプレイで学ぶマイクロカウンセリング技法 ~基本的かかわり技法編~

※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です

※ チケット販売は2023年2月14日 (火) 23:55に終了します(満員になり次第終了します)

※ 最少催行人数は10名です


▼紹介動画はこちら(6分19秒)


▼お申し込みはこちら

概要と目的

┌─┐

│1│ 概要と目的

└─────────────────────────

 カウンセリング技法は実際に練習しなければ絶対に上達しません。しかし、公認心理師や臨床心理士の資格を取る過程で技法の知識を座学で学んでも、実地でその知識を用いる機会に恵まれなかった方も少なくないはずです。せっかく資格を取ったとしても、技法を使えなければ就職するのにも一苦労します。

 そこで今回の研修会では、皆様がこれまでに学んだ知識を「どう使うのか?」はもちろん、「どのような場合に使うのか?」など、現場に出る前に取得しておくべきスキルを根拠をもって使いこなせるようになることを目標とした訓練をしていきます。

 訓練の具体的な方法として「ロールプレイ」を採用します。ロールプレイ訓練ではカウンセラー役、クライエント役、オブザーバーに分かれていただき、それぞれに必要な役割を担うことで様々な視点から気付きを得てもらえるような工夫をしています。なお、ロールプレイへの参加は必須ではありません。しかしながら、実際に体験することの経験値は、ただの座学や観察学習の比較にならないほど大きいものですので、極力参加することをお勧めします。


┌─┐

│2│ 対象者

└─────────────────────────

  • 公認心理師・臨床心理士等、守秘義務のある対人援助職(受験資格保有者を含む)

  • 大学院生(心理・医学・教育・福祉系)

※対象範囲に含まれるかどうかご不安な方はお問い合わせください。


┌─┐

│3│ 講師

└─────────────────────────

小山 拓哉(こやま たくや)

修士(臨床心理学)・臨床心理士・公認心理師、その他多数の有資格者。


大学・大学院ではコミュニティ心理学とアドラー心理学を中心に学び、その知見を活かして、個人だけではなく環境(その人を取り巻く対人関係)にも目を向けることを心掛けた臨床実践を行っている。電話相談員、EAP、デイケア、メンタルクリニック、産業保健等の多領域で実践経験がある。


┌─┐

│4│ プログラム

└─────────────────────────

*臨床心理士資格更新ポイント申請希望の方は2回以上の当日参加が必須となります。

ーーー

■ 2月17日(金) オンラインセミナー1

19:45~22:00(最大22:15まで)

テーマ

・マイクロカウンセリングについて

・「意図性」について

・かかわり技法と明確化技法(はげまし)


■ 2月24日(金)オンラインセミナー2

19:45~22:00(最大22:15まで)

テーマ

・明確化技法(いいかえ・要約)について


■ 3月3日(金)オンラインセミナー3

19:45~22:00(最大22:15まで)

テーマ

・質問技法と感情の反映技法について


■ 3月10日(金)オンラインセミナー4

19:45~22:00(最大22:15まで)

テーマ

・基本的傾聴の連鎖についてとまとめ


■ 3月31日(金)アーカイブ配信の停止

ーーー


┌─┐

│5│ 参加費

└─────────────────────────

通常チケット(当日参加/アーカイブ視聴可)…10,000円

学生チケット(当日参加/アーカイブ視聴可)…4,500円

【3名限定】通常参加+講師からの個別フィードバック付きチケット…15,000円

  講師が本チケットご購入の方のグループロールプレイに参加し、個別でフィードバック  を行います。個別でフィードバックが受けられるのは当日参加の場合のみです。


心理系大学院受験対策塾プロロゴスさん、あるいはMOSSアカデミー専用Slackにご参加の方は、チケット購入の際に「割引コード」をご入力ください。

※チケット販売は2023年2月14日 (火) 23:55に終了します(満員になり次第終了します)


┌─┐

│6│ 定員

└─────────────────────────

95名(先着順)

※ 最少催行人数は10名です。2023年2月14日 (火) 23:55までに10名以下の場合は開催を見合わせる可能性があります。


┌─┐

│7│ 資格ポイント

└─────────────────────────

参加者のうち臨床心理士の方が3割以上の場合、臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。

※ 臨床心理士資格更新ポイントの申請を希望される方は、「2回以上の当日参加」が必須となりますのでご注意ください。


┌─┐

│8│ 研修内容(詳細)とお申し込み

└─────────────────────────

下記のお申込みページ(Peatix)をご参照ください。

MOSS(モス)について

心理職(公認心理師・臨床心理士)の支援を目的とした団体です。


公式サイト|https://moss-official.com/


<主なサービス>

心理職向け研修を提供する『MOSS セミナー』の企画、運営

公認心理師資格試験の過去問webアプリ『MOSS スタディ』の運営

心理職専門のHP制作、ロゴ・イラスト制作、動画制作


ご不明点などございましたら下記までお問い合わせくださいませ。

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Comments


bottom of page